ラ・ボテッガ・デ・ルカについて

ルカは北西イタリアのトリン県郊外にある小さな町で生まれました。アルバ県の由緒ある家系の元で育てられ、彼の家族はピーモント地域の様々な種類のバルベーラワインとドルチェットワインを製造していました。

20代になったばかりのルカは、自分の料理に対しての情熱が強いことに気付き、地元にあるいくつかの小さいホステル の料理人として働き始めました。その後、彼は南部イタリアにあるいくつかの大きなレストランで働くチャンスを与えられ、ついにはプーリア州のオストゥーニ、シーメリ、カラブリア州のカーポ・リッツートにある有名なレストランで働けるほどにまでなりました。ルカは経験を重ねる為、トルコのボドルムまで行き、更に地中海の風味を追求しました。その後ルカは最終的にピーモント地域のサウゼ・ドゥルクスに戻ってきました。

2004年にルカはタイにある「エノテカ」という新しくオープンするレストランのシェフとして招かれしました。その後2008年にラ・ボテッガ・デ・ルカという彼自身のレストランがついにオープンしました。

報告により

1

bk.asia-city.com/

2

bkkmenu.com

3

bangkok101.com

4

bangkokpost.com

5

foodiesjourney.com

6

wisebk.com